記事一覧

天板と脚をつなぐために鬼目ナットを埋め込む

テーブルの天板と脚ができましたので、
それらを連結する仕業を細工します。
(塗装は並行して行っていますが別の記事で)

20171019224910.jpg 

脚側は穴あけのみ

座ぐりビットで穴を開け、
その後、M6のボルトが通るように、
7mm程度の穴を開けました。

20171019224910_20171019225007.jpg 

座ぐりビットで穴を開けたのは、
ワッシャーを入れるためです。
ナットの頭は木にめり込んでしまうので、
ワッシャーを入れます。

20171019224910_20171019225013.jpg

間違えていたずら防止のボルトを買ってしまった…
M6の25mmを再度購入したいと思います。
キャップボルトにしようかな。
つづいて天板側の加工。

20171019224910_20171019225025.jpg 

ドリルで穴を開ける位置にポンチでマーキング

ドリルは、いきなり所定の穴を開けるのではなく、
徐々に奇妙に径を太くしていくきます。

20171019224910_20171019225044.jpg

今回は、9mmの穴を開けるために、
3、6、9mmと開けていきました。
割れや位置ずれを防ぐためです。

20171019224910_20171019225049.jpg

鬼目ナットを六角レンチでねじ込みます。
(DタイプM6 13mm)

20171019224910_20171019225112.jpg 

ツライチになるまで締め込みます。

20171019224910_20171019225126.jpg 

周囲の割れを防いだり、
ナットの緩みを防ぐために、
瞬間接着剤で木部を固めます。

20171019224910_20171019225142.jpg 

これで脚が取り外し式になります。

鬼目ナットの埋め込み作業を動画にしてみました。



あとは塗装を繰り返して完成です。




コメント

コメントの投稿

プロフィール

Author:333ばんきん
つくれ!!!333ばんきん 2nd
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

ナイフを作ってみる(柄のみ) Feb 09, 2018
壁に瓶入り葉っぱを飾る棚をつける Jan 08, 2018
クリスマスプレゼント Dec 26, 2017
続 ヴェポライザーといふもの Dec 26, 2017
ヴェポライザーといふもの Dec 26, 2017