記事一覧

木製のテーブル作製 天板編

リビングのガラステーブル
もう10年以上使っているので、
リニューアルしたい。



木製品が多くなってきたので、
それに合うような木製のテーブルがいいな。


ホームセンターで天板を物色。
予算から言ってパインの集成材がいいんだけど、
厚さ30mmだと大きいものしか売ってない。
25mmならいくらでもあるんだけど。

以前作った作業台と合わせて使いたいので、
30mmは譲れない。
以前は大きなものを買って、
割いて使ったんだった。
今回は、予算もないので…。

ということで、
ネットショッピングで木材を購入。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「DIY」「パイン集成材」「送料無料」1400mm×600mm×30mm
価格:6000円(税込、送料無料) (2017/10/16時点)




パイン集成材 1400X600X30mmで6000円
ちょっと割高だけど、
サイズ的には無駄がなくて良いかも。

1200mmにカットして使う予定だったけど、
仮置きして見たら、
1400mmで良いみたい。



ということで、
カットなしでそのまま使うことにしました。




まずは面取り。



4面なのでカンナで済ませます。



まずは45度で4mmほど落とします。

その後、



削った角をさらにカンナがけ。

ちなみに使っているのは替え刃式のカンナです。




替え刃は1枚300円程なので、
最良の切れ味をいつでも味わえます。

もちろん、
刃を研いで使うカンナも持っていますが、
DIYで使う場合、
その研ぎ時間がもったいないし、
どうせヤスリをかけちゃうような
面取りぐらいにしか使わないんです。

カッター刃の面取りガンナもありますが、
いろんな角度で面を取るので、
やっぱりこういう形のカンナが便利。

なにより、
素人が研いだ刃より、
断然きれいに削れますから!


先ほどの面取りは表側なので、
裏側も面取り。



膝が当たったりしますし、
薄く見せる効果もあるので、
ガッツリ削ります。



カドはカンナでこのぐらい削っておきます。

形が出たら、



ランダムサンダーで仕上げます。


オービルサンダーも使いますが、
こっちの方がガッツリいける気がします。




今回は、ベッチョリ塗装する予定なので、
ボソボソした木口はあまり気にしないことに。

最後に、



スポンジヤスリで仕上げて



天板の加工は終了。

脚ができたら、
取り付け用のナットを埋め込みます。




コメント

塗装は、塗って研磨、塗って研磨の繰り返しです…。
人生と同じですな。
出張ばんきん工務店
いろんな道具があるんですねぇ。。。
家のリビングの天板、何年か前に自家塗装したら、ボッコボコになっちゃいました(>_<)
下地処理、大切ですよねぇwww

工具満載して、静岡まで出張に来てぇ~(笑)

コメントの投稿

プロフィール

つくれ!!!333ばんきん
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

ガーデンフェンスの作成 May 24, 2020
最強のボールペンを作る May 18, 2020
単管テーブル May 13, 2020
Apple deck Apr 28, 2020
LED照明をリニューアル Apr 27, 2020

検索フォーム