記事一覧

単管テーブル

20200513172815dcd.jpeg

単管とジョイントでテーブル兼イスを作ってみました。
今回のものは1mx50cmですが、
1.5mx50cmのものも作成中です。

ウッドデッキや屋外テーブルを何度か作って来ましたが、
木材は定期的に防腐塗装をして、
防腐、防蟻、白化防止、
と、メンテナンスが大変です。

解体したウッドデッキは、
デッキ材がウリン、
骨組みがウエスタンレッドシダー(WRC)、
15年経って、
WRCはかなり劣化していたので廃棄。

材料の特性もありますが、
地面に近いところは傷みます。

ウリン材は白化こそ見られるものの、
(白化:木材の色が抜けて白くなる)
材料としては全く問題ありません。

で、
今回は、骨組みを単管、
天板をウリン、
といった構成で作ってみました。

フェンスを組んだ時に使った、
ジョイントを今回も使用。

20200513172719a6a.jpeg

水性ペンキで塗装してあります。
高さは50cmにしました。
犬のトリミングテーブルにもしたいので。

20200513173837f44.jpeg

20200513172806f2e.jpeg

受けの材料は杉です。
それにウリンをビス止めする事にしました。
単管の骨組みとは接合せずに、
スノコ状の天板を載せる形としました。

20200513172808c47.jpeg

単管とジョイントを魅せる形にしたかったので、
天板は小さめに作りました。

20200513172809697.jpeg

今回のポイントは、
単管用のゴム脚キャップ。
単管と地面の接点には、
いつも悩んでいました。

脚部パーツは色々あるけど、
ゴツいし値段が高い。
このキャップなら、
単管工作の幅が広がります。

20200513172811722.jpeg

完成です。
スタンプと、ステッカーでチューンしました。

20200513172812913.jpeg

ザ、単管って感じが良いかなぁって。

20200513172814c34.jpeg

大きい方のテーブルも作らなきゃ。


あ、ウリン材を受けの材料に止めるときは、
ウリン材に5mmの穴をあけて、
ビスがスカスカになるようにしています。

ウッドデッキを作った時の反省点なんですが、
2mmぐらいのドリルで下穴をあけると、
ドリルがすぐに折れちゃったり、
ビスが途中で折れちゃったりします。

ウリン材にはビスが効かない状態で、
受け材に打ち込む感じで固定すると、
ビスも折れないし、
受け材とウリン材が、
きちんと密着します。

もちろん、座ぼりもしてあります。


ウリンにビスが効かないようにして、
ビスの頭と受け材で押さえつける。
これがポイントです。



コメント

コメントの投稿

プロフィール

つくれ!!!333ばんきん
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

ガーデンフェンスの作成 May 24, 2020
最強のボールペンを作る May 18, 2020
単管テーブル May 13, 2020
Apple deck Apr 28, 2020
LED照明をリニューアル Apr 27, 2020

検索フォーム