記事一覧

洋服に印刷する



ホームセンターで買った安価なツナギ、
ちょっといじってオリジナリティを出したくなりませんか?

今日は、アイロンプリントです。
アイロンプリントといっても、
インクジェットプリンターで印刷して貼り付けて、
洗濯したら薄くなっちゃうような、
そんなものとはわけが違います。

単色であるデメリットはありますが、
市販のプリント品と同じように、
何度洗っても取れにくい、
そんなプリントの紹介です。




しっかりとプリントしたい、
その場合、
生地にしっかりと食い込む印刷原料と、
きちっと圧着するプレス機が必要です。
シルクスクリーンによる印刷も考えられますが、
やや難易度が高くなります。
(こちらは後日紹介します)

ただ、
アイロンでも、
やり方によってはきちっと圧着できるのです。

印刷原料については、
専門のものが必要ですが、
これはそれほど高くない。
いや、安価に入手可能なのです。

じゃぁ、
自宅で自作Tシャツとか作り放題じゃん!

そういうことなんです。




まず必要となるのが、
アイロンプリント用の用紙。
つまり印刷原料です。

いろいろと試した結果、
私がオススメするのはこちら。



パイオテックのアイロンプリント用ラバーシートです。

全8色とカラーは少なめですが、
DIYするには十分です。

しかも、
他の色を重ねることもできるので、
工夫次第でいろんなTシャツが作れちゃいます。

自分は、
黒と白があれば十分です。


必要なのは、これとアイロンだけ。

と、言いたいところですが、
これだけで済ませる場合、
別途、技術と根性が必要になります。

というのも、
Tシャツに印刷したい模様の通りに、
カッターでカットしなくてはいけないのです。

印刷したいところを残して、
印刷したくないところを剥がさなくてはいけない。
つまり、カットしなくてはいけないのです。

自分は、そういうのNGなので、



 ステカでカットしました。

ステカというのは、
カッティングシートなどをカットする機械です。
カッティングシートのシール部分だけを
(台紙の部分は切らない)
カットしてくれる便利な機械です。

ステカについてはいつか解説したいと思いますが、
今回はパソコンで加工した画像を利用して、
印刷用のデータを作成しました。



このように、
使いそうな素材を大量にストックしています。


今回は、
メーカーさんのロゴを入れてみます。
個人使用なので、
許してもらえるか?



まずは胸の部分に。
転写用のアプリケーションシート(透明の上紙)を
つけたまま、印刷したいところに置きます。



アイロンでプレス。
中温でスチームなし、
時間は20秒ほど。
体重をかけてしっかりとプレスします。



アプリケーションシートを剥がします。
この際に、シールがアプリケーションシート側につくようだと、
圧着時間不足ですので、
再度圧着します。



つづいて、
クッキング用のオーブンシートをあてて、
さらに20秒圧着します。
これでラバー素材が生地へと喰い込み、
洗濯しても取れにくくなるのです。



どうでしょうか。
きれいに印刷できたのではないでしょうか。

ステカの場合、線や四角なら、1mm幅ぐらいまで表現可能です。



背中には大きなものを。
アイロンで一回で押さえきれなくても大丈夫、
ズラしながら複数回で圧着しましょう。



肩にも入れてみましょう。
Falloutをモチーフに、オリジナルのロゴを作ってみました。



お尻のポケットもオリジナルのロゴで。
BUILT NOT BOUGHTといえばスパナですが、
ハンマーに変えてみました。






ということで、
完成です。
こだわりだすと、
ロゴだらけになってしまうので、
このくらいにしておきます。



ちなみに、
調子に乗りすぎると、



こうなります。



ステカでカットするとなると、
敷居は高くなりますが、
自分で好きな柄を、
カッターでカットすれば、
オリジナルのTシャツができちゃうので、
挑戦する価値はありですよ。

コメント

これ、良い!!
ステカ・・・、超ほすぃ~~www

こんなのあったら、オリジナルTシャツ作りまくっちゃう事、間違いなしですね(笑)

ステラ、会社で買っちゃうかな?
これ、会社で必要だよなぁ。。。きっと。
うん、必要だ!
ステラじゃねぇーし!!w
このステラおじさんを使う為のデータ作りには
イラストレーターとか必要・・・なんですよね?

ステカは、ごり押しして経費で買える事になりそうなんですが・・・(^_^;)
ばんきんおじさん、詳細、教えてw
イラストレーターのようなベクターデータを扱えるソフトがあると、確かに便利なのですが、私の場合は通常の画像編集ソフトでおこなっています。ビットマップ画像でも、解像度さえ高ければステカのソフト側で綺麗に切り抜いてくれます。

コメントの投稿

プロフィール

Author:333ばんきん
つくれ!!!333ばんきん 2nd
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

洋服に印刷する Nov 26, 2017
木にレーザーで絵を描く Nov 24, 2017
酒の瓶で葉っぱを育てる Nov 23, 2017
タクティカルペンを買ってみた Nov 08, 2017
リビングテーブル完成 Oct 31, 2017