記事一覧

テーブルの塗装をする

天板を中心に木材の塗装を行いました。

塗料は油性ニスを使用します。





つや消しを塗る際は、一旦つや有りを塗ってから、
塗らないと、白くなるようなことが書いてあったのですが、
最初からつや消しを塗りました。

集成材は、いろいろな木目が組み合わさっていて、
塗料の吸収率も場所次第なので、
刷毛で塗っていくのは結構大変。

ということで、
最初はスプレーガンで塗ることにしました。





塗料は、ペイント薄め液で1割ほど薄めました。

天板の上面と側面のみ2度吹き付けました。
2度目までの乾燥時間は3時間ほどです。



吹き付け直後の状態。
ザラザラした感じですが、
乾燥するまでに平らになっていきます。
急速に乾燥させずに、
自然乾燥させることで、
塗料の馴染みを得られます。


24時間おいて筆で塗装。
こちらは5%ほど希釈してぬりました。

さらに24時間経過後、
240番のスティキットで軽く磨きました。



これにより、
塗装の気泡や、塗膜に残った刷毛の毛を取り除きます。

面状のやすりを使うことで、
でっぱった部分だけを削ることができます。

筆塗りは3回繰り返しました。



塗った直後。
塗面がデコボコしています。
この程度は、乾燥までに重力で平らになっていきます。



裏面は塗装しないつもりでしたが、
集成材のたわみを防ぐ効果があるので、
筆塗り1回仕上げとしました。


計5回の塗装を終え、
1週間の乾燥期間を経た天板上面は、



こんな感じです。
つや消し具合が落ち着いていて良い感じ。



個人的な意見ですが、
つや有りよりも、
つや消しのほうが、
塗装が楽でキレイな気がします。




ちなみに、脚は吹き付け1回、筆塗り2回で済ませています。


次回、脚を取り付けて設置し終了です。

コメント

うちのダイニングテーブルの天板、塗り換えよ~かなぁ。。。
でも、きっとまた同じような仕上りにしかならない木がする(-_-;)
なんせ、「待つ」ができない人は、塗装しちゃダメですねw
1回塗って3時間・・・、いやいや絶対に待てない自信がある!
塗装って、乾燥と磨きが命なんだと思います。
塗りたいのをグッと堪えて乾かす…

コメントの投稿

プロフィール

Author:333ばんきん
つくれ!!!333ばんきん 2nd
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

洋服に印刷する Nov 26, 2017
木にレーザーで絵を描く Nov 24, 2017
酒の瓶で葉っぱを育てる Nov 23, 2017
タクティカルペンを買ってみた Nov 08, 2017
リビングテーブル完成 Oct 31, 2017